どんど焼きを実施しました

平成29年1月
見花山自治会

どんど焼きの火入れ 今年1年の無病息災を祈る

 1月8日(日)いつ降るかわからない天候の中、かりん公園で大勢の参加者を迎え、新春のどんど焼きが行われました。

正月飾りなどに火を付け、立昇る炎と煙を見ながら、無病息災をお祈りするとともに「酉年生まれ」の年男・年女、総勢7人の皆さんによる鏡開きが行われました。
婦人会・青年部・子ども会・見睦会の皆さんのご協力を得て、雑煮・お餅・お神酒などが振舞われました。ほろ酔い気分の大人たちに混じり子どもたちはおいしそうにお餅をほおばっていました。
新春句会には多数の方の俳句が展示され、また有志による初企画の茶会が催されて好評でした。

恒例の鏡開きが行われた 初企画の茶会が催された
お餅つき お父さん頑張れ あんころ餅などが振舞われた
会場の全景 あんころ餅、雑煮には長い列
お雑煮は青年部が担当 今年は放送係に子供達が加わった
見睦会担当の「新春句会」

自治会のページへ戻る